BCAAの効果的な飲み方と摂取量を解説

筋肉を作るうえで欠かすことのできないBCAA。

筋肉を構成するたんぱく質のうち、約20%がBCAAが占めるということもあり、筋肉を作るうえでは一番重要な栄養素といっても過言ではありません。

 

このBCAAは、肉や卵などたんぱく質を多く含む食材にも入っているため、自然と食材からも体内へ摂取することが可能です。

しかし、食材に含まれているBCAAは限りがあり、必要量を確保するためにはたくさんの量の食材を食べなければいけません。

こうなると本末転倒ですよね。食べすぎによるオーバーカロリーとなり、余分なものまで大量に摂ることにもなりかねません。

これでは身体にかかる負担は大変なことに…。

 

BCAAの必要量を効率よく摂るためには、サプリメントとして摂取するのがベスト。

何かと高価なBCAAですが、マイプロテインならコスパに優れたBCAAが手に入ります。味の種類も豊富なのでおすすめですよ。

筋肉に必要不可欠なBCAAの役割

BCAAの役割は大きく分けると4つあります。

  • 筋肉の合成を助ける
  • 筋肉の分解を防ぐ
  • 疲労軽減

どれも重要な役割です。BCAA1つでこれほど大切な役割を担っているため、筋肉には欠かせない栄養素だということがよくわかりまよね。

BCAAは筋肉の合成を助ける

筋トレをするからには筋肉を大きくしたいですよね。

筋肉を大きくしていくにはトレーニング後の栄養補給(特にたんぱく質)が大切です。せっかくトレーニングをしても栄養が足りていなければ、なかなか筋肉を発達させることは難しい

その中でもBCAAは筋肉を合成させていくうえで、必要不可欠な栄養素なんですよね。

BCAAは筋肉の分解を防いでくれる

筋肉は激しい運動(筋トレなど)をすると分解され、BCAAが作られます。その時に、人間の身体は分解されたBCAAを、トレーニングするときのエネルギーとして消費してしまうのです。

せっかく筋肉として蓄えていたBCAAが、トレーニングで消費されてしまっては、そんなもったいないことはありませんよね。筋肉がどんどん減っていってしまうのですから。

ですから、あらかじめBCAAを食材やサプリメントから補うことで、運動時に筋肉が分解されるのを抑える効果が期待されるのです。

BCAAは疲労を軽減させる

疲労の軽減と言っても様々なとらえ方ができますが、筋トレ後のリカバリーということで考えたときに、筋肉の疲労にBCAAは一躍をかっています。

BCAAはアミノ酸ですが、アミノ酸やビタミン類は、筋肉の分解を抑え疲労そのものを軽減し、その後の筋肉の修復も早めてくれます。

特に、筋トレ後の筋肉痛が2,3日続くような激しい運動をした後では特に効果が表れます。

BCAAは筋トレをするうえでは欠かせない栄養素

そうなんです。BCAAってとても重要なんです。

筋肉が大きくなる手助けをして、筋肉が減ってしまうのを防ぎ、筋肉の回復を早めてくれる魔法のような役割をしています。

筋トレの効果を最大限引き出し、効率よく理想の身体になりたいのであれば、サプリメントとして摂るべき必須な栄養素です。

BCAAの飲むべきおすすめのタイミングは⁉

筋肉を大きくしたいなら、血液中のアミノ酸を切れさないことが大切です。と言っても、筋肉からも分解されているのでアミノ酸がなくなることはないのですが。

BCAAを摂取するうえで重要な飲むべきタイミングは、筋トレの前後です。

特に筋トレ前からBCAAを摂ることで、筋肉の分解を防ぎ、エネルギーとしても使えるため、BCAAの効果を最大限に引き出すことができます。

筋トレをしてないときに摂っても意味がない

筋トレをしていないときでも、筋肉は分解されるので完全に意味がないわけではないのですが、非常にもったいないんです。

普段からBCAAを摂っていても、筋たんぱく質の分解がものすごく抑制されるわけではありません。

余分なものは体外へ出てしまいますし、それだけコストもかかるので大変です。

基本の食事でたんぱく質を摂り、筋トレ前後でサプリメントとしてBCAAを摂取できれば十分なのではないでしょうか。

筋トレの20‐30分前からBCAAを飲み始めるのがベスト

BCAAは筋トレをする20‐30分前から飲み始めると効率が良いと言われています。

なぜ20‐30分かというと、BCAAを飲んだらすぐに血液中に運ばれるわけではありません。

身体に蓄えられるのに、準備期間として20‐30分かかるんですよね。

筋トレをする時間を見越して、事前にBCAAを補充しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA